FX口座開設アカデミー

FX口座開設方法、おすすめのFX会社、取引方法を解説!

FXの始め方は?口座開設申込から取引までの流れ

FX口座開設の一連の流れをご紹介します。
最初に流れを紹介して、その後、個別に詳しく書いていくことにしますね。

まず流れについてですが、以下のような形になります。

FX口座の選択⇒FX口座開設申込⇒本人確認書類の送付(アップロード)⇒ログイン⇒入金⇒トレード

大体ログインID・PASSが届くまで、2日~3日あれば出来てしまいます。
最近では最短翌日に取引可能というFX業者もあるので、「あ、結構早く出来るんだ!?」と思って頂いてOKです。

FX会社の選び方はどうすれば良い?

FX会社はパッと思いつくだけでも10社以上もあります。
これだけ乱立していると、これからFXを始める初心者の方が自分の力で選ぶのはなかなか困難です。

でも大丈夫です。

FX会社を選択する上で、見るべきポイントは「実績」「取引コスト」「操作性」の3点です。

実績がずば抜けているのはCMでも見かける「GMOクリック証券」です。
この会社はFXの取引高が4年連続で世界1位の抜群の取引実績があり、非常に人気の高い有名なFX業者です。
そして、その人気を支えているのは、低コスト(スプレッドと言ってFXの唯一の手数料が安いです)、取引ツールの操作性の良さです。

米ドル円のスプレッド0.3銭をはじめ、取引できる全通貨ペアにおいて、業界トップクラスの低コストで提供してくれているので安心してFX取引が出来ますよ。
PC、スマホ、iPad等のタブレットなど、どのデバイスの取引ツール・アプリも洗練されていて高機能なので、実際に使ってみるとその人気の理由が分かるはずです。

GMOクリック証券は「FXをやってみたい!」という方に1番おすすめのFX口座です。
もちろん、こちらのサイトでも紹介されているように、iPhoneでも取引がしやすいFX会社ですのでその点安心してお申し込み下さい。
iPhoneでおすすめのFXアプリを独断と偏見で選びました!

FX口座の申込方法

口座開設をするFX業者が決まったら、実際に申込み手続きをしてみましょう。

PCでもスマホでもどちらからでも申込可能です。
大体5分~10分程度あれば必要事項が全て入力出来ますよ。

ちなみに必要事項は名前、住所、勤務先、メールアドレスから始まり、投資経験、投資目的等の入力欄が用意されています。
投資経験はないならないで問題ないですし、投資の目的も「短期売買での為替差益」「中長期での為替差益」等5個位候補が用意されていますが、なんとなくで良いです。
この段階では、具体的な投資手法なんて分からないですからね。

ただ、投資資金については、「余裕資金」であることが重要なので、ここは間違えても生活資金などと書かないようにしましょう。
注意が必要です。
(マイナンバーも2016年から必要になったので忘れずに!)

本人確認書類の送付について

運転免許証やパスポート等の顔写真付きの本人確認書類を送付します。
ただ、いちいち郵便手続きをしなくても、携帯で写真を取って、それを指定のページにアップロードするか、指定のメールアドレスに送信すればこの手続は完了します。

先ほどご紹介した必要事項の入力が完了したら、メールアドレスにURL等書かれたメールが届くので、書いてある通りにご対応頂ければOKです!

口座開設が完了したらやること

無事FXの口座開設が終わると、お手元にIDとPASS、振込先銀行口座情報等が本人限定受取郵便で届きます。
書いてあるIDとPASSを使って、マイページにログインしてみましょう。

すると、為替レートの一覧画面が見れたり、チャートツールを立ち上げる事が出来ます。
この時点で入金はしていなくても、問題ありません。
「発注」以外は全て見れたり、動かせたりするので、色々いじってみる事をおすすめします。

操作に慣れたら入金してみよう!

一通り口座開設をしたFX会社の取引システムに慣れたら、実際に注文をしてみましょう。
その為にはまず入金をする必要があります。

銀行・コンビニATMや窓口から振込をしましょう。

ただ、もしあなたがネットバンクを持っていたら、「クイック入金」という非常に便利な機能が使えます。
このクイック入金というのは、24時間365日いつでもパソコンやスマホを使って、FX口座に入金が出来る機能です。

為替相場は日本時間の深夜に急激に動く事もあり、そのような絶好の取引チャンスに「FX口座にお金入れてないな・・・」という場合も、クイック入金が出来るのであれば心配いりません。

ちなみにこのクイック入金は、当サイトに掲載しているFX会社であればどの業者も対応しているので、その点ご安心下さい。

最初にいくら入金すれば良いの?

FX業者によって違いもありますが、とりあえず5万円~10万円入れるとストレスなく取引が開始出来ますよ。
また、もし1000通貨単位の業者にてFX口座を開設した場合は、5000円程度の入金でトレードが出来ます。
(通常1万通貨の10分の1の水準から少額の資金でスタート出来ます)

入金が完了したらいざトレード!

FX口座に資金を入れたら、ついに始めてのFX取引です!

通貨ペアは米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円・・・・・などなどたくさんありますが、1番有名で取引しやすい「米ドル円」がおすすめです。

初めてのFX取引での注文方法はどうすればよい?

また、注文方法についても、成り行き注文、指値注文、逆指値注文、OCO注文、IFD注文・・・・・などとこちらも色々な種類が用意されていますが、1番スタンダードな「成り行き注文」が良いでしょう。
「今表示されている為替レートで購入する」注文方法になりますよ。

発注数量はどうすれば良いの?

取引する通貨ペアを決め、注文方法も決めたら、次は発注数量を決めましょう。
FX業者によって、「最低取引通貨単位」が異なります。
大きく分けると、1万通貨単位と1000通貨単位のFX会社があります。

GMOクリック証券、DMMFX等は1万通貨単位を採用、YJFX!、FXプライムbyGMO等は1000通貨単位を採用しています。

とりあえずまずは勉強する意味で、自分が口座開設した業者の「最低通貨単位」で発注してみましょう。
1万通貨単位なら1万通貨、1000通貨単位なら1000通貨の注文を試してみるのがおすすめです。

ポジションを保有後、利益が出たら決済してみよう!

ポジションを購入したあと、1時間もすれば上下どちらかに動いているはずです。
そこでもし利益が出ているようであれば、1度成行注文にて決済してみましょう。

ずっと持っていればまだまだ利益を伸ばせる可能性もありますが、新規注文~決済注文の流れを1度分かっておいた方が良いです。
また、2回目以降の注文では、新規注文をしたあとにすぐに、決済注文としてOCO注文を使うと便利なのでおすすめです。

OCO注文は利益確定の注文と損切り注文の2つを同時に発注できる機能で、リスクヘッジにもなるので、使った方が安心です。

「いつの間にかに損失が拡大していた・・・・」というケースがFXの入門者には多くあるので、ここで自分が許容出来る損失の範囲に限定しておく事が大切ですよ。

という訳で、FXの口座開設に関して、一連の流れを書いてみました。
どうでしょう?イメージ膨らみましたでしょうか??

将来が不安なこの時代、資産運用が出来るようになると心強いので是非FX取引が上手になるようにたくさん練習・勉強してみてください!
今までの人生とはひと味違った世界が見れるはずですよ!

公開日:
最終更新日:2016/05/14